JOGADORES ESTAGIÁRIOS BRASIL

REPORT

近況報告

HOMEREPORT

日本との差
投稿者: 留学生

今回ブラジルに行くことで日本との差がものすごく伝わってきました。まず普段ものすごくふざけて盛り上がっている人でもサッカーになると別人のようになります。真剣になりでもその中でもサッカーをとても楽しんでいるのがものすごく伝わってきます。一つ一つのプレーをとてもこだわっています。日本でもうまい人はたくさんいますが、ブラジル人はとても上手いしさらに球際などとても戦っています。ブラジルと日本との差は僕はメンタルの違いだと思いました。年なんて気にせず一つのプレーに対して真剣に話あっています。技術面はそう簡単にはうまくなれませんがメンタルは誰でもいつでも変えることができます。だから僕はブラジルにも負けないくらいのメンタルを持ちたいと思いました。

一場拓人

image

投稿者: 留学生

ブラジルに来てから2つのクラブでプレーしました。まず思ったことはブラジル人と日本人とでは球際の強さが全然違うことです。話ではよく聞いたことがありますが、実際に見ると本当にすごいです。今いるクラブは凄くレベルが高く、毎日やり甲斐がありとても楽しいです。今週の日曜日にはサントスとの練習試合があります。ビッグクラブの下部組織と試合が出来るので今からワクワクしています。少しでもいいプレーをしてアピールしていきたいです。

竹内歩

image

 

常に勝負
投稿者: 留学生

こんにちわ。影山玲乙です。
僕は今、モジミリンていうセリエBのチーム(U-20)に所属してサッカーをやってます。どれだけレベルが高いんだと少し楽しみながら、ここに入ったんですが、実際やってみて、Aチーム相手に全然自分のプレーも出来てるし、日に日に、調子が上がってきてるなと思います。
今の感覚を大事に、しっかり腰も同様にケアしながら、いいコンディションを作って、日々高い意識を持ちながら、時間を無駄にせず頑張って行きたいです。本当にプロになるっていう所まで、自分の頭の中でだいぶ具体的に見えきてるので、本当にいよいよだなっていう感じはします。数少ないチャンスを物に出来る選手になれれば、もっと可能性は高くなると思っているので、頑張ります。それと、ここではプロ選手と身近に会話できたり、色々な話を聞けたり、とても毎日楽しく充実して生活出来ているので、自分にとってはものすごくプラスになってます。

image

投稿者: 留学生

こんばんわ!影山玲乙です。
今の近況報告としては、先日やっと試合に少しですが、出場することができました!復帰戦でアシストていう最低限の仕事はしましたが、ゴールという結果がほしかったです!二本打ったシュートはクロスバーで本当に決めたかったです!今開催中のユーロコパは昨日後半から出場し、怪我が完全に完治してない中まずまずの手応えでした。大会得点王を目指して頑張ります!そして生活の面では毎日カポーニとその友人たちとほぼ毎晩色々な話をしたり食べたりして本当に楽しいです!今月は本当に勝負なので、今月でチームを決めるつもりで頑張ります。

image

投稿者: 留学生

こんにちは。影山玲乙です。
まだリハビリ中ですが、腰の状態が少しずつですが、良くなって、ジョギングを開始してコンディションを合わせてるところです。毎日リハビリセンターに通いながら再発しないように焦らずしっかりとやっていきたいと思います。オフの面では代表のカポーニの家族にすごく優しくしてもらい、娘さんや、息子さんに、毎日ポルトガル語を教えてもらってる所です。少しでも早く言葉を理解出来るようにこちらも頑張ります。

image

投稿者: 留学生

こんにちは!影山玲乙です。今の僕の状況としは、腰を治すという日々が続いてますが、日に日に状態は良くなっています。なるべくはやく復帰してベストコンディションでテストを受けるように日々体幹やフィジカル面を中心にトレーニングをしているところです。そして昨日、代表のカポーニさん、息子、チームメイトと食事に行ってきました。ブラジル人はみんな本当に良い人ですし、言葉はあまり分かりませんが気持ちでコミュニケーションが取れてます。

image

 

投稿者: 留学生

今年高校を卒業しブラジルに挑戦しに来ている左利きの18歳、影山玲乙です。僕はブラジルに来て一ヶ月ちょいになり私生活や、サッカーの面でもだいぶ慣れてきました。まだポルトガル語は全然喋れませんけど、笑。
さて、それはさて置き僕は2006年ワールドカップのブラジル代表をテレビで観戦して、いつかはブラジルでプロになりたいと思い始めました。そして、2012年の夏に僕が所属してた鹿島アントラーズつくば、ノルテ、本家の選抜チームで行ったジーコカップで本場のブラジルのサッカーを経験して本気でブラジルでプロになって活躍したると、思いました。ですが、15歳では色々あり、ブラジルには行けませんでした。それで作陽高校に進学し、高校でも色々な国に行きましたが、やはりブラジルでプレーしてプロになりたいという気持ちが1番強かったので行くことを決意しました。そしてようやくその夢の第一歩としてのスタートがようやく切れました。こっちにきてからプレーに関してはトラップ、パス、ドリブルといった技術に関しては自分の中でも試合を重ねて行くごとに通用するということがわかりました。でも、やはり技術があっても球際の厳しさや一対一の攻防の時にやはりまだフィジカルの部分で負けてしまう所があるのでそこの弱点を克服出来たら、もっとプレーの幅が広がると思っています。でも自分はトップ下やFWをやる以上、最終的には点を決めてナンボの世界だと思うのでその点を決めるというこだわりは常に持ちながら日々結果にこだわってプレーしたいと思います。こちらでの費用は両親に負担してもらってブラジルに来させてもらい、6ヶ月という短い期間での勝負ですが、日々親に感謝し、そして必ずプロになってまた来年もブラジルでプレー出来るように精一杯頑張ります。

image

3 / 3123

投稿者一覧