JOGADORES ESTAGIÁRIOS BRASIL

NEWS

お知らせ

HOMENEWS

11月29日に行われたコンメボル・リベルタドーレスの決勝 2nd.Leg。アルゼンチンのラヌースで行われた「ラヌース×グレーミオ」は、カウンターから2点を奪ったグレーミオが勝利。1st.Leg に続き連勝したグレーミオが大陸王者に輝いた。

8分に細かくパスをつないでフェルナンジーニョのシュートで最初の決定機を演出したグレーミオは、15分にはロングフィードをジャイウソンが落として最後はパラグアイ代表FWルーカス・バリオスがシュートに持ち込んだ。すると27分に高く上がっていた最終ラインからボールをインターセプトしたフェルナンジーニョがカウンターを仕掛けて、相手陣内を突進。スピードを保ってペナルティエリアに達したフェルナンジーニョは、得意の左足でゴールネットを揺らし、グレーミオが先制した。

2点以上が必要になったラヌースは29分にペナルティエリアの手前でセットプレイを得たが、マキシミリアーノ・ベラスケスが左足で放ったフリーキックがキーパーの好守によってゴールを阻まれた。39分にはダイレクトパスをつないで最後はロマン・マルティネスが右足を振り抜いたが、シュートは枠を捕らえられなかった。

一方、グレーミオは41分にカウンターを仕掛けたルアンがドリブルで攻め上がると、フェイントを交えたドリブルで二人をかわしてペナルティエリアに入り、右足で軽くボールを浮かせて追加点を奪った。

ラヌースは42分にロマン・マルティネスがボレーシュートを打つも、ボールは浮いてしまう。対するグレーミオは45分にルアンの浮き球のパスをルーカス・バリオスが右足でシュートに持ち込み、サイドネットを揺らす惜しいシーンを演出した。

後半、グレーミオは前半の終了間際に左足首を負傷したアルトゥールがプレイを続けられなくなってベンチに下がった。するとラヌースは55分にホセ・サンのシュートでサイドネットを揺らす。とにかく3点を奪わなければ準優勝に終わってしまうラヌースは、ボール支配率を高めて攻撃を展開した。すると70分にラウターロ・アコスタがペナルティエリアでジャイウソンに押し倒されてPKを獲得すると、ホセ・サンがPKを決めてようやく1点を返した。

グレーミオは82分、ハミーロがイエローカードとレッドカードを立て続けにもらって退場処分になる。納得のいかないハミーロは主審に激しく抗議したが、主審は憮然とした表情でハミーロに退場するよう命じるのみだった。

グレーミオは90分にフェルナンジーニョがドリブルでカウンターを仕掛けたが、相手を引きつけてルアンに渡したボールはループシュートが枠を捕らえられず、グレーミオはトドメを刺せなかった。

後半のアディショナルタイムは5分設けられたが、ラヌースは追加点を奪えずに試合終了。1st.Leg に続いて連勝したグレーミオが1995年以来となる22年ぶりの南米王者に君臨した。

リベルタドーレスを制したグレーミオは、12月にUAEで行われるFIFAクラブワールドカップに出場する。

11月15〜16日に行われたカンピオナート・ブラジレイロ ・セリエA 2017 の第35節。サンパウロ州の州都サンパウロで行われた「コリンチャンス×フルミネンセ」は、元ブラジル代表FWジョの2ゴールなどでコリンチャンスが逆転勝利を収めた。そしてこの結果、コリンチャンスの2年ぶり7度目の優勝が決まった。

先制点は電光石火。開始1分にコーナーキックを得たフルミネンセは、エンリーキが頭で合わせてあっさりとゴールを奪った。コリンチャンスにとっては、守護神カッシオがブラジル代表に招集されて抜けた穴を突かれた形での失点となった。

勝てば優勝を決められるコリンチャンスの勇姿を見ようと、スタンドは多くのコリンチャーノ(コリンチャンスのサポーター)で埋め尽くされた。前半はチャンスを作れど決めきれないシーンが続いたが、コリンチャンスは最少失点に留めてハーフタイムを迎えると、エンドの替わった後半の開始早々に逆転した。

まずは後半開始直後の46分、左サイドからクレイソンが右足でクロスを上げると、ジョが頭で合わせてゴールに流し込み同点。続けてその2分後にはクレイソンのクロスがクロスバーに当たって跳ね返ったボールを、ジョがヘディングでゴールに押し込んだ。このとき、スタンドで観戦していた元ブラジル代表FWホナウドは飛び跳ねてゴールを喜んでいた。
フルミネンセはボールを支配しながらも、フィニッシュの精度を欠いて追加点を奪えない。一方、コリンチャンスは84分に元ブラジル代表MFジャジソンが右足でゴール右隅に沈めて、勝利を決定づける3点目を奪った。

今季のコリンチャンスは、ファービオ・カリーリ体制でシーズン序盤から好調を維持。シーズン前半は15勝4分と無敗でリーグを牽引した。後半は失速した時期もあったが、前半に積み上げた貯金を生かして最後まで首位の座を守りきっての優勝となった。

コリンチャンスは1910年創立の名門で、ブラジル国内ではフラメンゴと同じくらいの人気を誇るチーム。

ブラジル代表FWネイマールが、イングランド戦をスコアレスドローで終え、悔しさをにじませた。

ブラジルは14日、国際親善試合でイングランドと対戦。ブラジルが終始ボールを支配しつつも、最後までゴールを割ることができず、試合はスコアレスドローで終了している。ネイマールは「僕らはあらゆることを試みたんじゃないか」と話し、試合を振り返る。
「得点のチャンスは沢山あったし、ボールも多く持てていた。彼らが僕らの前の対戦相手(日本)より守備的に来ることはわかっていた。点は取れなかったが、今日の僕らのプレーには満足している。相手にチャンスをほとんど与えなかったわけだからね」
「チャンスを作ったけど、難しかった。でもこういう形で今年を終えられて満足している」
イングランドはホームのウェンブリー・スタジアムで行われた試合で、ボールを完全にブラジルに明け渡し、ブロック作りに徹した。日本が前半のみで勝負を付けられたことからヒントを得た可能性はあるが、結局イングランドが放ったシュートは4本。ポゼッションは4割を下回り、カウンターも奏功せず、改善の余地があることは間違いないだろう。

 ブラジルvs日本 

フランスのリールで行われたサッカーの親善試合で、ブラジル代表(セレソン)が日本代表を3―1で下した。
セレソンの召集選手はW杯南米予選とほぼ同じだったが、この日は通常控えのメンバー6人が先発。
試合は前半からセレソンのペースで進んだ。10分には、相手のペナルティ・エリア内でのファウルで得たPKをネイマールが決め、1点を先制した。
続いて、17分にペナルティ・エリア外にこぼれた球を、マルセロが豪快なミドル・シュートで決め、2点目。37分にはダニーロの右からのクロスを、ゴール前に走りこんだガブリエル・ジェズスが決めて、3点目をあげた。
セレソンは後半、選手を次々と交代した。キーパーもアリソンから第3キーパーのカシオへ、得点を決めたマルセロ、ガブリエル・ジェズス、ネイマールも次々とベンチに下がり、通常の先発メンバーはボランチのカゼミロのみになった。
そうした状況の中で反撃に出た日本は、後半18分に、井手口からのコーナーキックを槙野がヘディング・シュートでゴール右隅に決め、一矢を報いたが、得点はこの1点に終わった。
今年最後となるセレソンの親善試合は、14日にロンドンで行われるイングランド代表戦。

サッカーU17W杯で準決勝で、ブラジル代表は優勝したイングランドに敗れたが、28日の3位決定戦でマリに2―0で勝利し、3位となった。だが、この順位に終わったものの、「久々の黄金世代」と称されるタレントたちの確保のために、各チームが必死になっているという。
この大会には、南米予選の得点王になり、レアル・マドリッドと4500万ユーロの巨額契約をしたヴィニシウス・ジュニオール(フラメンゴ)は出場しなかった。準優勝に終わったスペインにはグループ予選で勝っていたことから、「もし彼がいたらイングランドに勝てていたのでは」と思わせる一因でもあった。
だが、彼抜きでもスペインやドイツといった強豪に勝てた今回のこの世代への評価は高い。まず、同じくフラメンゴでセンター・フォワードのリンコンは、既にバルセロナが獲得に食指を伸ばしていると言われ、契約金は3000万ユーロは行くだろうと見られている。
また、今大会でヴィニシウスの代役を務め、3得点を記録したブレネルは、サンパウロとの間で2022年9月まで、契約を更新している。
今大会で最も活躍したとの呼び声も高い、右ウイングのパウリーニョも、既にプロデビューし、得点も決めている所属先のヴァスコ・ダ・ガマと20年1月まで契約を延長している。
またパルメイラスも、今回の代表で司令塔をつとめたアランジーニョとセンターバックのヴィトンの2人との契約を、20年5月まで更新している。特にアランジーニョには欧州強豪からのオファーもあったが、パルメイラスとしては中心選手として育てる意向だという。
また、キーパーのブラゾン(クルゼイロ)にも欧州から4500万ユーロでの高額オファーが届いていたといい、ボランチのヴィットール・ボブシンもグレミオと19年3月まで契約を更新している。さらに、今回は準レギュラーだったミッドフィールダーのヴィッチーニョも、コリンチャンスが向こう数年間の中心選手にしたい意向だという。

まだ代表に選ばれてないが、素晴らしいクオリティーを持った選手は沢山居るので、今後楽しみである。

 国際親善試合 

ブラジルサッカー連盟は20日、11月の国際親善試合に向けたブラジル代表メンバー25名を発表した。

ネイマール(パリ・サンジェルマン/フランス)やミランダ(インテル/イタリア)らを順当に選出した他、ドウグラス・コスタ(ユヴェントス/イタリア)、ジエゴ・ソウザ(スポルチ/ブラジル)、タイソン(シャフタール/ウクライナ)の3名が復帰を果たしている。

ブラジルは11月10日にフランスのリールで日本代表と、14日にイングランドの首都ロンドンでイングランド代表と対戦する。

招集メンバー25名は以下の通り。

▼GK
アリソン(ローマ/イタリア)
エデルソン(マンチェスター・C/イングランド)
カッシオ(コリンチャンス/ブラジル)

▼DF
チアゴ・シウヴァ(パリ・サンジェルマン/フランス)
ミランダ(インテル/イタリア)
マルキーニョス(パリ・サンジェルマン/フランス)
ジェメルソン(モナコ/フランス)
ダニエウ・アウヴェス(パリ・サンジェルマン/フランス)
ダニーロ(マンチェスター・C/イングランド)
アレックス・サンドロ(ユヴェントス/イタリア)
マルセロ(レアル・マドリード/スペイン)

▼MF
カゼミーロ(レアル・マドリード/スペイン)
ジエゴ(フラメンゴ/ブラジル)
フェルナンジーニョ(マンチェスター・C/イングランド)
パウリーニョ(バルセロナ/スペイン)
フィリペ・コウチーニョ(リヴァプール/イングランド)
レナト・アウグスト(北京国安/中国)
ウィリアン(チェルシー/イングランド)
ジュリアーノ(フェネルバフチェ/トルコ)

▼FW
ドウグラス・コスタ(ユヴェントス/イタリア)
ロベルト・フィルミーノ(リヴァプール/イングランド)
ガブリエウ・ジェズス(マンチェスター・C/イングランド)
ネイマール(パリ・サンジェルマン/フランス)
ジエゴ・ソウザ(スポルチ/ブラジル)
タイソン(シャフタール/ウクライナ)

 W杯南米予選最終節 

2018 FIFAワールドカップ ロシア 南米予選第18節(最終節)が10日に行われ、ブラジル代表とチリ代表が対戦した。

すでに首位での予選突破を決めているブラジルと、勝ち点「26」の3位で最終節を迎えたチリの一戦。ブラジルの先発メンバーには、デビュー戦となるGKエデルソンやダニエウ・アウヴェス、カゼミーロ、パウリーニョ、フィリペ・コウチーニョ、ネイマールといった面々が名を連ねた。

一方、勝てば本大会出場が決まるチリ。引き分け以下の結果に終わった場合は大陸間プレーオフ圏外の6位に転落して予選敗退となる可能性もある中、首位相手のアウェイゲームに臨む。先発メンバーにはGKクラウディオ・ブラボやガリー・メデル、アレクシス・サンチェスらが名を連ねている。アルトゥーロ・ビダルは累積警告により、出場停止だった。

首位突破を決めているブラジル、そして引き分けなら突破が決まる可能性が高いチリ。前半は互いに拮抗した展開で、スコアレスで終了した。均衡が破られたのは55分、先制したのはブラジルだった。D・アウヴェスが蹴った直接FKをGKブラボが弾くと、パウリーニョが押し込んだ。

さらに2分後、コウチーニョが自陣右サイドからロングフィードを通す。カウンターで最終ラインの背後を取ったネイマールが正確なトラップでペナルティーエリア左側に入ると、並走していたG・ジェズスへラストパス。ワントラップから右足で押し込み、2-0とリードを広げた。

さらに後半アディショナルタイム、G・ジェズスが3点目を記録。勝利を決定付けた。試合は3-0で終了。ブラジルが勝利を収め、12勝5分け1敗と圧倒的な強さを見せて南米予選を締めくくった。

一方、敗れたチリは勝ち点「26」のまま。最終節で勝利を収めたアルゼンチン代表(勝ち点「28」)、引き分けで勝ち点「27」に伸ばしたコロンビア代表に抜かれ、同勝ち点で並んだペルー代表に得失点差で及ばなかった。チリは3位から一気に6位へ転落。コパ・アメリカで連覇を果たしている強豪が大陸間プレーオフ出場権すら獲得できず、3大会ぶりにW杯出場を逃した。

【スコア】
ブラジル代表 3-0 チリ代表

【得点者】
1-0 55分 パウリーニョ(ブラジル代表)
2-0 57分 ガブリエウ・ジェズス(ブラジル代表)
3-0 90+3分 ガブリエウ・ジェズス(ブラジル代表)

残り2試合となった2018年ロシアW杯南米予選。既にW杯進出を1位通過で決めているブラジル代表はボリビア代表のホームに乗り込み対戦。21本のシュートを放つも得点出来ず、ブラジルはボリビアと0-0の引き分けに終わっている。

試合が行われたのはボリビアのラパスにある国内最大の総合競技場(エスタディオ・エルナンド・シレス)だ。標高約3600mの場所にあり、高さは日本の富士山(3776m)に匹敵する。世界一高い場所にあるスタジアムと呼ばれている。
酸素ボンベをロッカールームに持ち込むほど過酷さが分かる。

ブラジル代表FWネイマールはフル出場を果たしたが無得点に終わった。英メディア『BBC』が公開しているデータによると、ブラジルは21本のシュートを放ったとのこと。ボール保持率も62%と相手を上回ったが、チャンスを生かすことは出来なかった。
次が最終節となるはブラジルはホームでチリと対戦する。

 Copa do Brasil 2017 決勝 

9月27日に行われたコパ・ド・ブラジウ 2017 の決勝 2nd.Leg。ミナス・ジェライス州の州都ベロ・オリゾンチで行われた「クルゼイロ×フラメンゴ」は、0-0 で終了。アウェイゴール・ルールは適用されず、PK戦を制したクルゼイロが14年ぶりのコパ優勝を果たした。

開始直後はフラメンゴが前がかりに攻め込み、7分にはペルー代表FWパオロ・ゲレーロがクロスバーを直撃するフリーキックを放ってスタンドのどよめきを誘った。クルゼイロは、14分にウルグアイ代表MFジョルジアン・デ・アラスカエータが得意の左足でシュートを放つと、その1分後には元ベガルタ仙台のチアゴ・ネービスが角度のないところから左足でシュートを打って応戦した。

20分を過ぎた頃からはクルゼイロがより多くのシュートを放ったが、フラメンゴの堅い守備を崩せずにハーフタイムを迎えた。

クルゼイロは後半の立ち上がりも引き続き主導権を握ったが、フラメンゴの牙城を崩しきれない。78分には左からのクロスをキーパーが右手で弾いたところにアラスカエータが飛び込んでいたが、咄嗟に合わせたヘディングシュートはがら空きのゴールを捕らえられず。タイトルを目指す両者の意地は、双方のゴールネットを揺らすことを許さなかった。

90分を終えて 0-0 の 2nd.Leg 。2試合合計スコアは 1-1 で、アウェイゴール・ルールが適用されないため、優勝の行方はPK戦に委ねられた。5人全員が決めたクルゼイロに対し、フラメンゴは3人目のジエゴがコースを読みきられて決着した。

2003年以来14年ぶり5回目の優勝を果たしたクルゼイロは、2018年のリベルタドーレス出場権を獲得している。

ブラジル代表のチッチ監督は15日、10月に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選の2試合に向けた招集メンバーを発表した。

南米予選で首位のブラジルは、2位ウルグアイと勝ち点10差をつけており、すでに本大会出場を決めている。今回はグレミオに所属するMFアルトゥールを初招集した。

10月5日にボリビアとアウェイで、同10日にチリとホームで対戦するブラジル代表メンバーは以下のとおり。

▼GK
アリソン(ローマ)
エデルソン(マンチェスター・シティ)
カッシオ(コリンチャンス)

▼DF
ジェメルソン(モナコ)
チアゴ・シウバ(パリ・サンジェルマン)
マルキーニョス(パリ・サンジェルマン)
ダニエウ・アウベス(パリ・サンジェルマン)
ダニーロ(マンチェスター・シティ)
フィリペ・ルイス(アトレティコ・マドリー)
マルセロ(レアル・マドリー)
ミランダ(インテル)

▼MF
アルトゥール(グレミオ)
ジエゴ(フラメンゴ)
レナト・アウグスト(北京国安)
フレッジ(シャフタール・ドネツク)
フェルナンジーニョ(マンチェスター・シティ)
ウィリアン(チェルシー)
フィリッペ・コウチーニョ(リバプール)
パウリーニョ(バルセロナ)
カゼミーロ(レアル・マドリー)

▼FW
ネイマール(パリ・サンジェルマン)
フィルミーノ(リバプール)
ガブリエウ・ジェズス(マンチェスター・シティ)
ジエゴ・タルデッリ(山東魯能泰山)