JOGADORES ESTAGIÁRIOS BRASIL

NEWS

お知らせ

HOMENEWS

ロシアW杯のグループE第1節が17日に行われ、 ブラジル代表スイス代表と1-1で引き分けた。W杯の初戦は1982年スペイン大会から9連勝中だったが、ついに記録がストップ。第2節は22日に開催され、ブラジルはコスタリカ、スイスはセルビアと対戦する。

今大会の初陣は4-1-4-1のフォーメーションを採用し、ゴールマウスにGKアリソン・ベッカー、4バックは右からDFダニーロ、DFチアゴ・シウバ、DFミランダ、DFマルセロが入った。中盤はMFカゼミーロをアンカーに据え、2列目は右からMFウィリアン、MFパウリーニョ、MFコウチーニョ、FWネイマール。そして1トップはFWガブリエル・ジェズスが務めた。

ブラジルは、前半20分に均衡を破る。ネイマールからパスを受けたマルセロがPA左脇から左足でクロスを送り、MFシュテフェン・ツバーに頭でクリアされるも、PA手前左でこぼれ球を拾ったのはコウチーニョ。右足でカーブをかけたシュートを放つと、枠の外から内へ鋭く曲がったボールが右ポストを叩き、ネットを揺らした。

スイスは失点後に盛り返す時間帯もあったが、ブラジルを慌てさせるシーンは作れず、そのまま前半終了。それでも後半の開始から積極的に前に出て攻勢をかけると、後半5分に同点に追いつく。右CKからシャキリが左足で鋭いクロスを供給。ニアのツバーがブラジルのゾーンディフェンスの隙間に入り、ヘディングでゴール中央に押し込む。ツバーがジャンプする際にミランダを手で押していたとして、ブラジルの選手たちが抗議したが、主審の判定はゴールで変わらなかった。

同点とされたブラジルは勝ち越しを目指し、猛攻を仕掛ける。後半25分、ネイマールが左足で浮き球のパスを送り、PA内左のコウチーニョが胸トラップから右足でシュートを打つも、ゴール右外へ。同28分にはジェズスがPA内右でDFマヌエル・アカンジに後ろから抱えられるようにして倒されたが、ノーファウルの判定となった。

後半34分にはジェズスとの交代でFWロベルト・フィルミーノを投入。フィルミーノは直後の同37分、PA内右のこぼれ球に反応して右足のダイレクトシュートを放つが、枠を外れる。同43分にはネイマールがウィリアンの右クロスから決定的なヘディングシュート。しかしGKゾマーの正面を突く。終了間際にも再三ゴールを脅かしたブラジルだったが、そのまま1-1でタイムアップを迎えた。

 順調な仕上がり 

ブラジル代表は10日、オーストリア代表と国際親善試合を行い、3-0で勝利。FWガブリエル・ジェズス、FWネイマール、MFコウチーニョといった強力攻撃陣が得点を決めた。ブラジルは2016年6月13日にコパ・アメリカのグループステージでペルーに敗れて以来、2年間無敗のまま、W杯に挑むことになった。

攻守に安定した選手を揃えるブラジルはGKアリソン・ベッカー、DFマルセロ、DFミランダ、DFチアゴ・シウバ、DFダニーロといった守備陣を敷き、中盤にはコウチーニョ、MFカゼミーロ、MFパウリーニョを配置。前線にはネイマール、ジェズス、MFウィリアンを起用した。

前半36分にブラジルが先制。マルセロが中盤から強烈なミドルを放つと、相手守備陣に当たってボールはPA左へ。ジェズスが拾い、冷静にゴール右に右足シュートを決める。

1-0で迎えた後半18分にはネイマールが魅せる。PA左から巧みな足裏タッチで相手DFを翻弄。飛び出した相手GKの股下を華麗に抜いて追加点を挙げた。3日のクロアチア戦(2-0)に続く2試合連続弾で、ネイマールはロマーリオ氏と並ぶ代表通算55ゴール目を記録。ペレ(77ゴール)、ロナウド(62ゴール)に次いで、ブラジル代表の通算得点記録で同率の歴代3位となった。

後半24分にはパスワークから相手の最終ラインを突破したコウチーニョがPA左に進入。右足シュートをゴール右に決め、ダメ押しの3点目で試合を締めくくった。ブラジルはFIFAランキング26位のオーストリア相手に3-0の圧勝。17年9月6日のW杯予選・コロンビア戦(1-1)以来無失点と、守備も好調をキープしつつ、17日のW杯初戦・スイス戦に臨む。

 

ブラジル代表は3日、 クロアチア代表と国際親善試合を行い、2-0で勝利。2月に骨折の重傷を負い、長期離脱となっていたFWネイマールは後半開始から約3か月ぶりにプレーをし、後半24分には得点を決めた。

持ち回りでキャプテンを務めているブラジルは、21歳のチーム最年少FWガブリエル・ジェズスが腕章を巻く。強豪クロアチアを相手に主力を投じ、最終ラインにはDFチアゴ・シウバやDFミランダ、DFマルセロらを配置。中盤にはMFカゼミーロ、MFフェルナンジーニョ、MFウィリアン、最前線にはMFコウチーニョ、MFパウリーニョ、ジェズスを起用した。

一方、クロアチアも中盤の要であるMFルカ・モドリッチとMFイバン・ラキティッチや精度高いクロスを放つサイドアタッカーFWイバン・ペリシッチ、MF長谷部誠の同僚でもある高速ドリブラーFWアンテ・レビッチなどを先発で起用。14年ブラジル大会の開幕戦と同カードとなった対戦は互いに隙を見せず、前半を0-0で折り返す。

すると、ブラジルは後半からネイマールをピッチに送り出す。シーズン終盤を怪我で離脱したブラジル人エースは約3か月ぶりの実戦復帰となった。しかしそのパフォーマンスは劣らず、後半24分にはPA左までドリブルで運ぶと、鋭い切り返しで相手守備陣を翻弄。豪快な右足シュートを至近距離から放ち、ゴールネットを揺らした。

試合終了間際にはFWロベルト・フィルミーノがダメ押しの追加点を決め、ブラジルが2-0で勝利。攻守の安定感はクロアチア相手にも崩れることなく、優勝候補筆頭の実力を存分に発揮した。

 

ブラジルサッカー連盟(CBF)は、ロシアW杯に向けた ブラジル代表メンバー23人の背番号を発表した。

エースナンバーの『10』を託されたのは、自国開催の前回大会に続いてFWネイマール(パリSG)。2月に右足第5中足骨を骨折して残りシーズンを棒に振ったが、本大会に向けて徐々にコンディションを上げている。

チッチ監督の下、2002年日韓W杯以来の優勝を目指すブラジルはグループEに属し、17日の第1戦でスイス、22日の第2戦でコスタリカ、27日の第3戦でセルビアと対戦する。
以下、ブラジル代表メンバー23人の背番号

▽GK
1 アリソン・ベッカー(ローマ)
16 カッシオ・ラモス(コリンチャンス)
23 エデルソン(マンチェスター・C)

▽DF
2 チアゴ・シウバ(パリSG)
3 ミランダ(インテル)
4 ペドロ・ジェロメウ(グレミオ)
6 フィリペ・ルイス(A・マドリー)
12 マルセロ(R・マドリー)
14 ダニーロ(マンチェスター・C)
13マルキーニョス(パリSG)
22 ファグネル(コリンチャンス)

▽MF
5 カゼミーロ(R・マドリー)
6 ダグラス・コスタ(ユベントス)
8 レナト・アウグスト(北京国安)
11 コウチーニョ(バルセロナ)
15 パウリーニョ(バルセロナ)
17 フェルナンジーニョ(マンチェスター・C)
18 フレッジ(シャフタール)
19 ウィリアン(チェルシー)

▽FW
9 ガブリエル・ジェズス(マンチェスター・C)
10 ネイマール(パリSG)
20 ロベルト・フィルミーノ(リバプール)
21 タイソン(シャフタール)

 W杯23人メンバー発表 

ブラジルサッカー連盟は14日、ロシアW杯に向けた ブラジル代表暫定メンバー23名を発表した。 

母国開催となった前回大会は準決勝でドイツに1-7で惨敗し、続く3位決定戦でもオランダに0-3で完封負けしたブラジル。2002年日韓大会以来、4大会ぶりのW杯制覇に向けてチッチ監督は、暫定メンバーを発表し、第5中足骨骨折から復帰を目指すFWネイマールやDFチアゴ・シウバ(パリSG)、MFコウチーニョ(バルセロナ)らを順当に招集した。 

一方で、8日のクープ・ドゥ・フランス(フランス国内杯) 決勝で右膝前十字靱帯を痛めたDFダニエウ・アウベス、リーガ・エスパニョーラで今季15得点を記録しているFWウィリアン・ジョゼ(ソシエダ)、バレンシアの守護神ネトらがメンバーから外れた。

ブラジルは大会前にクロアチア、オーストリアと強化試合を行う予定。本大会では17日にスイス、22日にコスタリカ、27日にセルビアと戦う。 

▽GK 

アリソン・ベッカー(ローマ) 

エデルソン(マンチェスター・C) 

カッシオ・ラモス(コリンチャンス) 

▽DF 

ミランダ(インテル) 

マルキーニョス(パリSG) 

チアゴ・シウバ(パリSG) 

マルセロ(R・マドリー) 

フィリペ・ルイス(A・マドリー) 

ファグネル(コリンチャンス) 

ペドロ・ジェロメウ(グレミオ) 

ダニーロ(マンチェスター・C) 

▽MF 

カゼミーロ(R・マドリー) 

フェルナンジーニョ(マンチェスター・C) 

パウリーニョ(バルセロナ) 

レナト・アウグスト(北京国安) 

コウチーニョ(バルセロナ) 

ウィリアン(チェルシー) 

フレッジ(シャフタール) 

▽FW 

ガブリエル・ジェズス(マンチェスター・C) 

ロベルト・フィルミーノ(リバプール) 

ダグラス・コスタ(ユベントス) 

タイソン(シャフタール) 

ネイマール(パリSG) 

 アウベスW杯絶望 

ブラジルサッカー連盟は11日、右膝の前十字靱帯(じんたい)を損傷した同国代表DFダニエウ・アウベス(35)について、6月に開幕するワールドカップ(W杯)ロシア大会に招集しないことを明らかにした。

代わりの居ない存在でチームのリーダーでもあるアウベスの離脱はとても大きく残念。

2018年のカンピオナート・ブラジレイロは4月14日に開幕し、14~16日に各地で第1節が行われた。

リオ・デ・ジャネイロ州の州都リオ・デ・ジャネイロで行われた「ボタフォゴ×パウメイラス」は、ボタフォゴが終盤に追いついて引き分けに持ち込んだ。

州選手権の優勝チームと準優勝チーム。今季はともに好調なチーム同士の対決は、序盤から一進一退の攻防で互いに決定機を何度も作った。そんな中で双方の守護神によるファインセーブも冴え渡り、濃密な45分間はスコアレスで終了した。

後半、パウメイラスはルーカス・リーマに代えて元ベネズエラ代表MFアレハンドロ・ゲーラを投入。すると、この采配は的中し、53分にケーノのスルーパスに反応したドゥドゥがペナルティエリアに達してボールをキープすると、タイミングを図ってヒールパス。中盤から駆け上がったアレハンドロ・ゲーラが最終ラインを突破して、右足のアウトサイドキックでゴールに沈めた。

敵地で勝ち点3が欲しいパウメイラスは、なおも攻め続けて何度もフィニッシュに持ち込んだ。対するボタフォゴは77分にホドリーゴ・ピンポン、キエーザと途中出場のストライカーによる波状攻撃で襲いかかると、81分に追いついた。ゴール前で高く上がったボールをイゴール・ハベーロが右足ボレーで合わせようとして失敗したものの、バウンドしたボールを再度右足で叩いてゴールネットに突き刺した。

この試合は、ブラジル代表のチッチ監督もスタンドから観戦していたが、チッチ監督の目に留まった選手はいただろうか。

 挑戦 

高校を卒業し、チャレンジする大井君が今日ブラジルへ。

 

素晴らしい環境が待ってます!

素敵な体験をして更なる飛躍を願っています!

 

〜夢の国へ〜
行けると決まった日からずっと心待ちにしていた今日。
一度行ったら決して忘れられない最高の場所。
サッカー王国で最高に充実した日々を過ごしてきます!
協力してくれた家族と、大好きなコーチ達に感謝です!
行ってきます!

 国際親善試合 

国際親善試合のロシア代表vsブラジル代表が23日に行われ、ブラジルが3-0で快勝した。

南米予選を圧倒的な強さで首位通過し優勝候補筆頭のブラジルは、本大会に向けて熾烈なメンバー争いの真っただ中。今回のロシア戦に向けてはエースFWネイマールがケガで不在の中、GKにアリソン、最終ラインにダニエウ・アウベス、チアゴ・シウバ、ミランダ、マルセロを起用。中盤はカゼミロの1アンカーに2列目はパウリーニョとコウチーニョの2センターに、ウィリアンとドグラス・コスタの両ウイング。1トップにガブリエウ・ジェズスが入った。

互いに選手交代なしで迎えた後半、立ち上がりにゴール前のパウリーニョにいきなり決定機が訪れるなど、攻撃のギアを上げて先制点を目指すブラジル。52分にはウィリアンがボックス内で放ったシュートのディフレクトから右CKを獲得。ここでショートコーナーからウィリアンが入れた右クロスをチアゴ・シウバが頭で合わせるも、これはGKアキンフェエフのビッグセーブに遭う。しかし、こぼれ球に反応したミランダが冷静に蹴り込み、セットプレーから先制に成功する。

この先制点で勢いづくブラジルは60分にコウチーニョの緩急自在のドリブル突破からパウリーニョに2点目のチャンスが訪れると、62分にはそのパウリーニョがボックス内で相手DFに倒されてPKを獲得。これをキッカーのコウチーニョが冷静に流し込んだ。

さらに66分には左CKの流れからボックス右でウィリアンが上げた柔らかなクロスをゴール前でフリーのパウリーニョが頭で合わせ、勝利を決定付ける3点目を奪った。

3点リードの余裕の展開にチッチ監督は65分過ぎにフィルミノとレナト・アウグスト、75分過ぎには殊勲のコウチーニョとウィリアンに代えてタイソン、フレッジのシャフタールコンビを同時投入。

結局、試合はこのまま3-0でタイムアップ。W杯本大会が行われるモスクワの地で開催国相手に力の差を見せ付けたブラジルが快勝を収めた。なお、ブラジルは27日に前大会での因縁の相手であるドイツ代表との一戦に臨む。

ブラジルサッカー連盟は12日、3月の国際親善試合に向けたブラジル代表メンバー25名を発表した。

ミランダ(インテル/イタリア)やフィリペ・コウチーニョ(バルセロナ/スペイン)らチッチ監督就任以降はお馴染みの顔触れとなった。負傷離脱中のネイマール(パリ・サンジェルマン/フランス)は招集外となり、前線にはウィリアン・ジョゼ(レアル・ソシエダ/スペイン)が初招集されている。

ブラジルは今月24日にモスクワでロシア代表と、28日にベルリンでドイツ代表と対戦。ドイツとは2014年7月に母国開催のワールドカップで1-7と惨敗を喫した以来の顔合わせとなる。

招集メンバー25名は以下の通り。

▼GK
アリソン(ローマ/イタリア)
エデルソン(マンチェスター・C/イングランド)
ネト(バレンシア/スペイン)

▼DF
チアゴ・シウヴァ(パリ・サンジェルマン/フランス)
ミランダ(インテル/イタリア)
マルキーニョス(パリ・サンジェルマン/フランス)
ペドロ・ジェロメウ(グレミオ/ブラジル)
ダニエウ・アウヴェス(パリ・サンジェルマン/フランス)
ロドリゴ・カイオ(サンパウロ/ブラジル)
ファグネル(コリンチャンス/ブラジル)
マルセロ(レアル・マドリード/スペイン)
フィリペ・ルイス(アトレティコ・マドリード/スペイン)

▼MF
カゼミーロ(レアル・マドリード/スペイン)
フェルナンジーニョ(マンチェスター・C/イングランド)
フレッジ(シャフタール/ウクライナ)
レナト・アウグスト(北京国安/中国)
パウリーニョ(バルセロナ/スペイン)
フィリペ・コウチーニョ(バルセロナ/スペイン)
ウィリアン(チェルシー/イングランド)
タリスカ(ベジクタシュ/トルコ)

▼FW
ドウグラス・コスタ(ユヴェントス/イタリア)
ロベルト・フィルミーノ(リヴァプール/イングランド)
ガブリエウ・ジェズス(マンチェスター・C/イングランド)
タイソン(シャフタール/ウクライナ)
ウィリアン・ジョゼ(レアル・ソシエダ/スペイン)

2 / 1312345...10...最後 »