JOGADORES ESTAGIÁRIOS BRASIL

NEWS

お知らせ

HOMENEWS

 Copa do Brasil 2017 決勝 

9月27日に行われたコパ・ド・ブラジウ 2017 の決勝 2nd.Leg。ミナス・ジェライス州の州都ベロ・オリゾンチで行われた「クルゼイロ×フラメンゴ」は、0-0 で終了。アウェイゴール・ルールは適用されず、PK戦を制したクルゼイロが14年ぶりのコパ優勝を果たした。

開始直後はフラメンゴが前がかりに攻め込み、7分にはペルー代表FWパオロ・ゲレーロがクロスバーを直撃するフリーキックを放ってスタンドのどよめきを誘った。クルゼイロは、14分にウルグアイ代表MFジョルジアン・デ・アラスカエータが得意の左足でシュートを放つと、その1分後には元ベガルタ仙台のチアゴ・ネービスが角度のないところから左足でシュートを打って応戦した。

20分を過ぎた頃からはクルゼイロがより多くのシュートを放ったが、フラメンゴの堅い守備を崩せずにハーフタイムを迎えた。

クルゼイロは後半の立ち上がりも引き続き主導権を握ったが、フラメンゴの牙城を崩しきれない。78分には左からのクロスをキーパーが右手で弾いたところにアラスカエータが飛び込んでいたが、咄嗟に合わせたヘディングシュートはがら空きのゴールを捕らえられず。タイトルを目指す両者の意地は、双方のゴールネットを揺らすことを許さなかった。

90分を終えて 0-0 の 2nd.Leg 。2試合合計スコアは 1-1 で、アウェイゴール・ルールが適用されないため、優勝の行方はPK戦に委ねられた。5人全員が決めたクルゼイロに対し、フラメンゴは3人目のジエゴがコースを読みきられて決着した。

2003年以来14年ぶり5回目の優勝を果たしたクルゼイロは、2018年のリベルタドーレス出場権を獲得している。