JOGADORES ESTAGIÁRIOS BRASIL

NEWS

お知らせ

HOMENEWS

国際親善試合がキング・アブドゥッラー・スポーツシティ(サウジアラビア)で行われ、 ブラジル代表アルゼンチン代表を1-0で下した。 

注目の南米強豪対決。ブラジルはFWネイマールとFWロベルト・フィルミーノ、FWガブリエル・ジェズスが前線に並び、MFコウチーニョ、GKアリソン・ベッカーといった主力が起用された。対するアルゼンチンはFWパウロ・ディバラとFWマウロ・イカルディ、DFニコラス・オタメンディ、GKセルヒオ・ロメロらがスターティングメンバーに名を連ねた。 

ブラジルが試合を優勢に進めながらもスコアが動かない展開。スコアレスのまま90分を終えるかと思われたが、決勝点は後半アディショナルタイム3分に生まれた。左CKを獲得したブラジルは、キッカーのネイマールが右足でゴール前に蹴り込むと、GKの前に飛び込んだDFミランダがヘディングシュートを叩き込み、1-0。ブラジルがライバル対決を制した。 

ポゼッション率はブラジルが63%、シュート本数はブラジルが12本だった。

ブラジル代表(4-3-3)

アリソン;ダニーロ(53分 ファビーニョ)、マルキーニョス、ミランダ、F・ルイス;アルトゥール、カゼミーロ、コウチーニョ; G・ジェズス(65分 リチャーリソン)、フィルミーノ、ネイマール